完全限定少人数制
1クラス最大12名までの少人数制指導です。

小学部 授業内容

コンセプト すべての学力の基盤になる国語を最も大切にします。堅苦しい「お勉強」にならないよう、「一緒に楽しむ」ことを目標に、まずは私たち自身も楽しんで取り組める授業づくりを心がけます。また、各種イベントやMAX 21英会話教室とのコラボレーションを通して、子どもたちが自分で考え、自分の考えを発信できる環境をつくっていきます。
国語 読む力、書く力を育むことが最大のポイントです。具体的には、物語や説明文などの文章を読む中学受験向けの教材を用いて演習を繰り返しながら、子ども同士で意見を言い合ったり、自分の意見を作文にしてみたり、筆者の主張を要約したりしていきます。それぞれ添削は丁寧に行います。「一緒に楽し」んで和気あいあいと盛り上がりながら、読むこと・発信することの楽しさを身につけていきます。また、年に数回、国文法の基礎も授業します。夏期・冬期講習では本格的なディベートの授業を通して考え、創り出し、発信する力を身に付けます。もちろん読解の基礎となる漢字の力、語彙の力は小学4年生から小学6年生まで毎回のテストで徹底して定着します。
算数 小学5年生前期までに教科書内容をマスター、その後は徹底して受験算数の定着と演習を繰り返します。県内私立中学受験傾向だけに限らず、普遍的な受験算数を学習することで、数学的な考え方や物の捉え方を身に付けます。それぞれの志望校の傾向に沿った演習は小学6年生からとします。
理科 小学4年生のうちは単元を絞り、実感できるまでじっくり時間をかけて考える習慣を身に付けます。演習の繰り返しでパターン暗記するのではなく、理科・科学をより自分たちの生活に身近なものとして感じさせる授業です。
社会 まず、歴史を物語として学習し、それを素地とします。人の関わり、つながりを基盤に置き、歴史内容の定着に役立てていきます。地理分野は季節と時代背景を中心に、農業・工業の関わりを学びます。中学受験時代の塾長北林がつまらないと感じ、社会を苦手科目としてきた経験を活かし、暗記だけに頼るのではなく、知識として頭に残る授業を行います。
受験補習 各科目の確認テストを行います。小学6年生の土曜日は受験補習だけの時間割となっています。小学4,5年生のうちから自分で考えて勉強する習慣、時間の使い方を身に付け、小学6年生では自分ひとりで勉強できることを目標としています。基本的に内容の指示はこちらで行いますが、その指示の意図を考え、より深い学習効果へ結び付けられるよう、細かく声をかけていきます。

098-893-9410mailform

Google Mapで見る